アリアの覚書

Twitterに投げるには長いことを書きます

23の問題

1.「いい問題」を定義することができるだろうか?

2.「誰にでも作れる問題」はいい問題たりえるだろうか?

3.「自分にしか作れない問題」はいい問題たりえるだろうか?

4.作問は創作行為だろうか?

5.クイズを言語芸術の場とすることと、試験問題を言語芸術の場とすることに何の違いがあるだろうか?

6.「切り取られるべき事実」はあらかじめ存在しているだろうか?

7.「切り取られる言説」があらかじめ存在していないことがあるだろうか?

8.世界のすべてはいずれ既出になるだろうか?

9.クイズの対象はすべてあらかじめ既出であるのではないだろうか?

10.クイズにすることが不可能な対象はあるか、あるならそれは何か?

11.作問における倫理とは何か?

12.クイズに「確定点」があるという言説は妥当だろうか?

13.クイズが言語を介さないことは可能だろうか?

14.「早押し」というフォーマットはクイズにどのような影響をこれまで与えてきたか、そしてこれから与えるだろうか?

15.「答えたい」という衝動はなぜ生じるのか?

16.知識の多寡とクイズの強さにはどのような関係があるか?

17.リテラシーとクイズの強さにはどのような関係があるか?

18.理解と解答可能性にはどのような関係があるか?

19.クイズはコミュニケーションだろうか?

20.「クイズをする」ことによって強いられることとは何か?

21.「難問(≠学生系)の競技クイズ」は成立可能か?

22.「メタ読みのないクイズ」は成立可能か?

23.クイズにはどんな未来があるだろうか?